平成29年 新年あけましておめでとうございます!!

  • 2017.01.01 Sunday
  • 00:09

 

                                         新年あけましておめでとうございます

 

2017年(平成29年)
新年あけましておでめとうございます。


皆様方におかれましては、
本年が実り多き一年になります様、心よりお祈り申し上げます。

 

■一畑寺(一畑薬師)飯塚管長様より賜りました干支(酉年)の色紙です。

 愛語(あいご)というお言葉が書かれております。 【桂月堂本店にて今年1年間飾らせて頂きます。】

 

年末年始 営業日のお知らせ

  • 2016.12.29 Thursday
  • 20:50

【年末年始 営業日のお知らせ】


いつもご愛顧を賜り誠にありがとうございます。

インターネット オンラインショップ』でのご発送は、

◆年内12月30日(金)まで
◆年始は1月 3日(火)より

 発送を開始いたします。

尚、『天神町本店』は年内12月31日(土)まで、年始は1月2日(木)より営業しております。

2016 11月 出張販売のお知らせ

  • 2016.11.08 Tuesday
  • 10:07

 

下記の日程で出張販売を致します。

 

●2016年11月10日(木)〜11月16日(水)

 

 東急百貨店店 日吉店 本館正面口

 『 桂月堂特別販売 』

 

 

桂月堂の人気商品「薄小倉 うすおぐら」をはじめ、 季節限定商品の柿山水 かきさんすい」、

栗圓 くりまどか」なども多数ご準備してお待ちしております。

 

「薄小倉」【薄小倉】

蜜に漬け込んだ大納言小豆をじっくりと丁寧に炊き上げ、

錦玉を流し込みました。

ふっくらとした大納言コクのある甘みと、カリッとした歯触りの相性が絶妙です。

桂月堂の一番人気の商品です。
【柿山水】

干し柿を贅沢に丸ごと1個使用した和菓子です。

中には白餡ときざみ栗入り。

秋の贅を詰め込んだ銘菓をぜひご賞味下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうかこの機会に皆様お誘いあわせの上
ご来場いただきますよう、
心よりお待ち申し上げます。

 

 

 

2016 10月 出張販売のおしらせ

  • 2016.10.20 Thursday
  • 11:14

 

下記の日程で出張販売を致します。

 

●2016年10月26日(水)〜11月01日(火)

 ※最終日午後5時終了

 

 小田急百貨店 藤沢店 7階催事場

 『小田急うまいものめぐり』

 

 【特別限定品】

  ・秋の上生菓子詰合せ 6個入 1,296円 (各日50箱限定)

  ・和栗のモンブラン  1本入  756円 (各日20本限定)

  ・アップルコンボ   1本入  756円 (各日20本限定)

  ・紅もゆる      1個入  162円  ※価格は税込です。

 

その他、「柿山水(かきさんすい)」などの季節限定品も

多数ご準備してお待ちしております。


どうかこの機会に皆様お誘いあわせの上
ご来場いただきますよう、
心よりお待ち申し上げます。

 

 

いよいよ、『第33回 松江城山大茶会』がはじまります。

  • 2016.09.30 Friday
  • 16:04

日本三大茶会の一つ「松江城大茶会」が10月1日(土)、2日()松江市の松江城山公園で開催されます。
10流派が一堂に集まるお茶席は壮大です。

弊店は、本年「羽楽流(うらく)」、「武者小路千家』の二つの流派を担当させて頂きます。

 ★↓

【担当 流派】羽楽流(煎茶)

【と こ ろ】松江城山公園(二の丸下の段・馬留)
【 お 題 】よろこび
【主菓子説明】茶席のテーマ「よろこび」にふさわしい華やかなお菓子です。出会いやご縁を結ぶ喜びをお菓子の

       飾り「水引」に表現しました。水引は人と人とを結び付けるという意味が含まれています。

 

 ★↓
【担当 流派】武者小路千家(薄茶)

【と こ ろ】赤山茶道会館(明々庵敷地内)
【 お 題 】茜千鳥(あかねちどり)
【主菓子説明】三十三回をむかえる大茶会の舞台「国宝・松江城」。しっとりとした軽かん生地で「天守」を、

       刻み栗入りの羊羹で隆々とした「石垣」を表現し、茜色に染まりゆく情景を描きました。

 

「松江銘菓会」のテントでは、

【よろこび】、【茜千鳥】を入れた創作生菓子を両日【数量限定】で販売致します。
 ■創作生菓子6個入り  1200円(税込)


 

今年は残念ながら両日とも雨のようです。

着物をお召しになられている方は大変だと思いますが、

もともと出雲地方は雨が多い地域なのです。【縁雫(えにしずく)

 

雨は木々や花々を鮮やかに蘇らせるそう…。

そう思うと、

雨音を聞きながらのお茶席もわるくないかもしれません。